タシロテント・田代智之選手インタビュー「柔術への接し方は十人十色」


皆さんこんにちは。河村です。

今回はALMA FIGHT GYM BASE所属の江崎壽さんに推薦していただき、パラエストラ札幌所属の田代智之選手にインタビューさせて頂きました。

私は田代さんと一度試合をさせていただいたことがありますが、シーソーゲームの末に残り1秒で逆転負けした過去があります(汗)

田代さんとは少ししかお話しした事がありませんが、モジャモジャ頭だったり、試合の組み立て方がユニークだったり、とても自由な雰囲気の印象を受けました。

そんな田代さんの柔術スタイルについてお聞きしていきたいと思います。

それではお読み下さい。


田代さんの格闘技歴をお教え下さい。


男として生まれたからには強くなりたいなぁ…と、ふと思い 友人が通っていたスポーツジムの格闘技クラスに行ったのが始まりです。

それまでは格闘技を見ることすらしてませんでした。

その後、より本格的な練習のできるパラエストラ札幌に入会しました。


田代さんの所属する「パラエストラ札幌」はどんな道場でしょうか?


世界の本間祐輔さんを筆頭に、江崎壽(チンネン)、冨田尚弥など数多くの強豪黒帯を生んでいます。

代表の俵谷先生は会員の個性を尊重してくれるので、みんなそれぞれ自分の形の柔術を持ってると思います。

そして愉快でおかしな人たちの集まりです(笑)

僕の会社タシロテントにもマットを敷いた練習スペースがあるのですが、毎日誰かしらパラ札の人が遊びに来ます。

練習しに来るというよりただのたまり場です(笑)

パラエストラ札幌ブログ

http://blog.livedoor.jp/rumble_cafe/

“俵谷代表”
“パラエストラ札幌の皆さん”
“本間選手(左)”
“冨田選手(左)、「チンネン」こと江崎選手(中央)”


タシロテントを始めたきっかけをお教え下さい。


元々実家がテント屋をやっていたのですが、そこから独立して5年ほど前にタシロテントを開業しました。

パラ札のみんなが開業祝いカンパをしてくれて、そのお金でパワーラックを買いました。

その他ベンチ、プレート、ジョイントマットなどは無料でいただいたので会社の一階にマットスペースと筋トレスペースを作り、今ではパラ札の暇人どものいい溜まり場になっています(笑)

世界の本間さんが練習に来てくれることもあり、チンネン、トミタなど会社の隅っことは思えない豪華なメンバーな時もあります。

“タシロテント道場”
“マゴにゃん(左)、タミ兄(右)”

マゴにゃんによるタシロテント活動ブログ

https://ameblo.jp/sumou315/theme-10088590478.html


「チンネン」こと江崎選手との出会いをお教え下さい。


僕より1年くらい先にパラ札に入会していて、みんなからチンネンというあだ名で呼ばれている青帯の大学生でした。

白帯の僕から見て、青帯の中でとくに強いなぁと思ってました。

その後チンネンはあれよあれよと強くなり、どんどん離されてしまいました。

スパーするといつもフルボッコにされてます(涙)

僕はテントシート屋なんですが、チンネンがマーシャルワールドに就職したことにより北海道内の柔術、キック、空手道場などのマット施工をたくさんやらせてもらっています。

ジョイントマット、シートの施工はチンネンかタシロテントまでお見積もりを!

“マーシャルワールドに勤める江崎選手”


田代智之選手プロフィール

氏名田代 智之
年齢41歳
所属パラエストラ札幌
格闘技歴スポーツジムの修斗クラス:1年  
柔術歴14年
帯色茶帯
練習頻度週4〜5回
座右の銘かわいいは正義
好きな映画プレデター
好きな漫画刃牙シリーズ
好きな食べ物お寿司、焼肉、パスタ
好きな女優桃乃木かな
フィジカルトレーニング週4〜5回ウェイトトレーニング
(柔術のためではなくカッコいい体になりたいため)
サプリメントプロテイン、クレアチン 、亜鉛、エビオス、マルチビタミン
疲れの取り方平日昼休みのお昼寝
柔術以外の趣味洗車


尊敬する選手や影響を受けている選手はいますか?


僕が入会した頃に、世界の本間さんの練習パートナーをしていた稲垣さん(通称ガキさん)という方です。

二人ともめちゃめちゃ早くて動きのあるスパーで、黒帯茶帯ってすげー!って思ってました。

ガキさんは今でも現役で50歳近いですが、とにかく動きが華麗で憧れます。

“稲垣選手とのスパーリング”


強くなる為に工夫している事はありますか?


とくに何も考えていません。

テクニック動画とかも見ないです。

怪我しないで気持ちよく汗がかければいいなぁ、くらいな感じで道場に通っています。


今までで印象に残っている試合をお教え下さい。


本州での試合全部です。飛行機代と宿泊費かけて行くので「元を取りたい!!」という気持ちが大きいです。

北海道の選手ははるばる海を渡って行くのでみんな気合が違うと思います(笑)

“全日本マスターオープンで優勝”


今後対戦してみたい選手はいますか?


本州で14試合して2敗しているのですが、その2敗ともNR柔術のスピン選手なんです。

スピン選手は黒帯になり遠い存在になってしまいましたが、いつかまた挑んでみたいですね。

“スピンことNR柔術所属の松本一郎選手と”


今後の目標をお教え下さい。


大阪の試合に出たいです。

大阪には行ったことないので観光がてら行きたいです。

そのためにも早くコロナが落ち着いてほしいです。


田代さんにとって柔術とはずばり何です か?


なんだかわかんないくらい生活の一部です。

とくに何も考えずにお風呂に入るように、何も考えずに柔術をしてる感じです。

どうして楽しいのかもよくわかんないですが、とにかく楽しいです。

たぶん依存症です。


最後にマスター世代の白帯柔術家へ一言お願いします。


運動神経悪くてもある程度強くなれるのが柔術の魅力だと思います。

わたし自身めちゃめちゃ運動神経悪いですが茶帯で試合勝てるくらいになれました。

上を見ればキリがないし今は強くなることより、楽しくダラダラやれたらいいなぁと思ってます。

やる気ないとか向上心ないとか練習の邪魔とか思われる方もいると思いますが、それがわたしの柔術との接し方です。

そしてそれを認めてくれる俵谷代表やパラエストラ札幌のみなさんに出会えてとても良かったです。

道場に行って柔術やれるだけでとても楽しいです。

ブラジリアン柔術への接し方は十人十色。

アダルト黒帯優勝を目指すも良し、一切試合に出ないのも良し、楽しくなくなったら辞めるも良しだと思います。

無理せず怪我せず楽しいJIUJITSUDAYSを!


インタビューを終えて


インタビューをさせて頂いて印象的だったのが「たぶん依存症です」という言葉。ここに田代さんの何にも縛られない自由な考え方が詰まっていると感じました。

また、柔術への接し方は十人十色という考えも私個人もまさしく同じ考えで共感できます。

取り組み方は人それぞれですが、田代さんも柔術を思いっきり楽しんでいて気持ちがいいですね!

田代さんご協力ありがとうござました。