RIZIN久米鷹介選手インタビュー「強い選手、リスペクトできる選手に挑んでいきたい」

皆さんこんにちは。河村です。

今日はRIZIN.27で大激闘を終えた久米鷹介選手にインタビューに答えて頂きました。

久米選手と言えばハルクの様な人間離れした肉体を持ち、無尽蔵のスタミナから繰り出される「久米地獄」と呼ばれるラッシュが持ち味ですが、今日は久米選手のフィジカルの秘密や、身体のケア方法などについて探っていきたいと思います。

それではお読み下さい。


ブラジリアン柔術の練習は週に何回くらいされているのでしょうか。


週に3回ほどはブラジリアン柔術に触れております。


MMAの練習においてブラジリアン柔術のギを着た練習は必要でしょうか。


自身はとても有益なものだと考えております。

“中井祐樹先生と久米選手”


普段からどのようなトレーニングをされているのでしょうか。


現在は週に一度、重久コーチが鍛え込んでくれています。


時期によっても変わりますが、自身の身体をコントロールするトレーニング中心です。

また、クロスカントリーのコースも走りにいきます。

“重久コーチと”


アスファルトではなくクロスカントリーを走るのはなぜでしょうか?


膝などへの負担の軽減もありますが、クロスカントリーコースのアップダウンがMMAに近いと考えております。

自然のエネルギーも感じることができます!


久米選手の疲れの取り方をお教え下さい。


もう年齢も重ねてきましたのでケアについては重要視しております。

睡眠や食事のバランスはもちろん、練習合間の酸素カプセルBOX、ストレッチ、練習後の入浴やサウナ、定期的な接骨院やマッサージでの施術など複合的にケアには努めております。

あとは美味しいものを楽しく食べることと、きれいな景色を見ることでしょうか(笑)


酸素カプセルに入るとどの様な効果を実感しますか。


身体の強張りが取れる感覚や頭がとてもスッキリする感覚があります。

“酸素カプセルBOX「oasis」にて”


名古屋の酸素カプセルBOX「oasis」さんのインタビューはコチラ▼▼▼


銭湯に行く頻度と入り方をお教え下さい。


多い時は毎日行く時期もあります。

入り方については自身の体調と相談しながらです。

あまりに疲れが溜まっている時は短めに済ませる時もありますし、スッキリしたい時は長めに炭酸泉に入ったり、サウナと水風呂の交代浴をしたりする時もあります。


久米鷹介選手プロフィール

氏名久米 鷹介
生年月日1985年4月28日
出身愛知県東海市
所属総合格闘技道場アライブ
身長172㎝
階級ライト級(70.3㎏以下)
獲得タイトル第7代ライト級キング・オブ・パンクラシスト
趣味温泉、読書、食べること
座右の銘継続は力なり

久米鷹介選手SNSアカウント


久米選手の最大の武器は「久米地獄」と呼ばれる驚異的なラッシュだと思いますが、具体的にはどういったものなのでしょうか?


実は自分も明確にはわかっていません(笑)

大沢ケンジさんが解説の時におっしゃってくれたのが始まりだったと思います(笑)


今後RIZINで戦ってみたい選手はいらっしゃいますか?


個人的に誰と言うのはありませんが、強い選手、リスペクトできる選手に挑んでいきたいです。


久米選手はいつも感謝の心を持って闘われておられますが、そう言った心持ちになったのいつ頃からでしょうか?


周りへの感謝の想いというのは昔から持ってはおりましたが、多くの方々のお支えによって日々を過ごす中でその感謝の想いは強くなりました。

今でも強くなり続けております。

“お茶目な久米選手”


今後の目標をお聞かせ下さい。


最後まで強い選手に全力で勝ちに向かって挑み続けていきたいと思います。

その姿が普段から支えてくださる多くの方々に何かを感じていただけるものになると幸いです。

久米鷹介選手オフィシャルサイト

https://hawk-kume.com/


最後に応援している沢山のファンの方々へ一言お願いします。


多くの方々の応援や支えにモチベーションやエネルギーをいただいております。本当にありがとうございます。

感謝の想いを胸に残された戦いも全力で駆け抜けて参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。


インタビューを終えて


「強い選手、リスペクトできる選手に挑んでいきたい」という久米選手。

久米選手のオフィシャルサイトのヒストリーにも「強くなりたい、強い相手と戦いたい」と書かれていますが、強い相手と闘う過程こそが人間としての成長につながると考えているからなんですね。

久米選手は大会を盛り上げるためのトラッシュトークなどはしませんが、敬意をもって相手に立ち向かっていく姿に感動を覚えるファンも多いのではないでしょうか。

私もその内の一人で、久米選手の試合を観戦する時は、自分の試合の時とはくらべものにならないくらいドキドキします…

また、多くの方々の応援や支えが久米選手にとってのモチベーションになっていますので、これからもみんなで久米選手を応援しましょう!

久米選手ご協力ありがとうござました。