世界に挑む柔術少女・木村由菜選手インタビュー「おばあちゃんになるまで柔術についていきたい」

皆さんこんにちは。河村です。

今日はアラバンカ柔術アカデミー所属の木村由菜選手にインタビューさせて頂きました。

私の中で木村選手と言えばアブダビ世界大会優勝やRIZIN出場経験、そしてTwitterなどのSNSでも人気があって華やかなイメージがあります。

今回はSNSでは見せない木村選手の柔術に対する姿勢などについてお聞きしていきたいと思います。

それではお読み下さい。


まず、木村さんが柔術を始めたきっかけをお教え下さい。


お兄ちゃんが元柔術家で超強くて憧れました。


今までに柔術をやめたいと思ったことはありますか?


あります。でもやっぱ楽しいので辞められないです。

中毒性ありますね笑


木村さんはアブダビワールドプロ柔術世界大会で優勝されておられますが、その時の体験談をお聞かせ下さい。


アブダビの試合は上の階級にエントリーして出場しました。

待機室でウォーミングアップの為に知らない女の子に声掛けてスパーさせて貰ったのですが、強くてビビりました笑

アブダビでお友達も出来ました!


木村選手が神奈川県のタウンニュースに載った記事はコチラ▼▼▼

柔術めざせ五輪 木村由菜(相模中1年)(2019年8月)


木村さんはRIZIN.21でホベルト・サトシ・ソウザ選手とエキシビジョンマッチで戦われておられますが、その時の印象をお教え下さい。


サトシ選手は小さい頃から試合会場などで喋ったり写真撮ったりしててまさか戦うとは思ってなかったです。

かなり強いのも知ってたのですが、いざ戦ってみるとやっぱレベルが違うなと思いました。


憧れの選手はRENA選手との事ですが、今後はMMAやシュートボクシングにもチャンレンジされる予定でしょうか?


やっぱ打撃は興味あります。

山田先生が「柔術で黒帯になったら打撃やって良いよ」とのことなのでまずは柔術をしっかり磨きます。

あと親が「女の子なのに顔に傷ついたらお嫁にいけないでしょ」と言っていたので説得を頑張ります。


木村さんの所属する「アラバンカ柔術アカデミー」はどんな道場でしょうか?


子供から大人までみんな元気いっぱいです。陽気な人が多くて楽しいです。

でも練習の時はみんなスイッチ入ってるし、試合の時は一人一人を全力で応援する良いファミリーです。

“アラバンカ柔術アカデミーの山田代表と!”

アラバンカ柔術アカデミー

https://www.alavanca-bjj.com/


木村由菜選手プロフィール

氏名木村 由菜
年齢14歳
所属アラバンカ柔術アカデミー
格闘技歴柔術歴11年
帯色オレンジ黒
練習頻度自主練を含め週7日
フィジカルトレーニング腕立て、腹筋、バーベルスクワット
サプリメントなし
疲れの取り方お風呂に浸かる、寝る
趣味ショッピング、音楽を聴く
SNSTwitter
Instagram


尊敬する選手や影響を受け選手はいますか?


やっぱRENA選手が憧れです。

あとロンダ・ラウジー選手にも憧れてます。

“RENA選手”
“ロンダ・ラウジー選手”


強くなる為に工夫している事はありますか?


練習後、試合後の反省会をします。

勝っても負けても1人反省会。

頑張ろうって思えるし、良い動きをする為のイメトレ大事かなって思います。


今までで印象に残っている試合をお教え下さい。


世界大会です。

初めての世界大会でトーナメントで全試合 秒殺一本勝ちという結果を出せたのは自分でもびっくりです。

世界大会に出場するまでの筋トレや練習が凄くキツくて心折れそうになった時もありましたが、道場仲間のお陰で立ち上がれました。


今後対戦してみたい選手はいますか?


同じ階級の女子です。

体重が自分より上の人と試合することが多いので、それだと辛いです。
同じ階級の女子と試合をして勝って喜びたいです。


今後の目標をお教え下さい。


世界大会2制覇を狙ってます。

コロナの関係で日本の大会も少ないですが、どんどん出場してどんどん勝ちたいです。


木村さんにとって柔術とはずばり何ですか?


柔術は私の人生です。

3歳から柔術をやっているのですが、おばあちゃんになるまで柔術についていきたいです。


最後に柔術を頑張っていこうと思っている人たちに一言お願いします。


柔術は楽しいです。

途中で「嫌だ」ってなる人も多いと思います。

でもそれは何かをやっている以上思って当たり前だと思います。

好きなことをやっていてもキツいって思うこともあると思います。

でもそれは頑張った証拠です。

自分の体調を気遣いながら頑張って欲しいです。

私もそうです。辞めたいって思ったことは何回もあります。

でも柔術が大好きです。


インタビューを終えて


木村選手はアブダビ世界大会優勝やRIZIN出場など輝かしい実績が目立ちますが、強くなる為に工夫している事として「練習後、試合後に勝っても負けても1人反省会をする。」と言います。

地道な事ですが、強くなる為には一番大切な事なんだと私自身も改めて感じました。

また、柔術を頑張ろうと思っている人たちに対して「好きな事をやっていてキツいって思うことは頑張った証拠。体調を気遣いながら頑張って欲しい。」と言う木村選手。

この言葉からも木村選手の優しさと柔術愛が伝わってきますね。

私自身、今回のインタビューを通じてさらに木村選手を応援してきたいと感じました。

世界と戦う木村選手を皆さんも一緒に応援していきましょう!

木村選手ご協力ありがとうござました。